1歳からの子連れ出勤

娘1歳8ヶ月のころ、友人の紹介で都内の会社にアルバイトとして『子連れ出勤』スタート。イヤイヤ期を迎える娘と勤務から半年を迎えられたことを機にブログスタート。子連れ出勤の悩みや実態を母親目線でおおくりします。さらに、最近は前職の紹介で在宅ワークもスタート。子連れ出勤のおかげ?で娘といいペース。こちらの話もたま~に登場。

半年でいちばん大変だった日

それは今日のことですが、起きたてホヤホヤのうちにお送りしたく。。。

 
 
今日の娘のコンディションは決して悪くなく、むしろ良いほう。
今日は無事に終わりそうだと思いつつ出社すると、今日から子連れ出勤を始めたペアが1組いました。
 
もうすぐ2歳になる男の子と、お母さん。
 
会社には子供たちの面倒を上手に見てくれる女性がいて、娘も他のキッズたちもその人が大好きです。
 
今日も仕事を始めて暫くはいつも通り大人しくしていた娘ですが、その女性のお膝に見たことのない男の子がいるとわかった瞬間からイヤイヤモード。
 
…嫉妬です…。
 
結局16時になり帰るまでずっと、泣く→喚く→黙る、の繰り返しでした(泣
 
母親が自宅で子供がいくら泣いても全く気になりませんが、ここは会社。
こうなると娘も辛いが親も辛い。
 
普通に働いている人に迷惑がかかっている、という気持ちがどうしても大きくなってしまいます。
 
このところは娘とのお仕事がスムーズなことが多く、すっかり忘れていましたが、娘は魔の二歳児、イヤイヤ期真っ盛りです。
一旦入ったイヤイヤスイッチがそう簡単に切れるわけもなく…(涙
 
今日は会社を出てから帰宅するまで、会社を辞めた方がいいのかなぁ、といったネガティヴな考えが頭を巡っていました。
 
まあ、会社の方からゴメンナサイと言われるまでは踏ん張ろうと決めていますが、時々あるこのような日はやはり大変に堪えます。
 
因みに今日はイヤイヤする娘のご機嫌を取るため、
 
  • 外にお散歩に行く
  • 近所の児童館に行く
  • お菓子を上げる
  • たくさん抱っこする
といったことを試しましたが何れも失敗。
 
こればかりは会社が許容してくれているうちに娘が成長するのを待つしかありません。
 
ただ、上のような気分転換タイムをお昼休みとは別に許容してくれる社風というのは、やはり未だに驚くほど素敵な社風だと思います。
 
出来るだけ長く続けられるように祈るばかりです。

Sow Experience