読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳からの子連れ出勤

娘1歳8ヶ月のころ、友人の紹介で都内の会社にアルバイトとして『子連れ出勤』スタート。イヤイヤ期を迎える娘と勤務から半年を迎えられたことを機にブログスタート。子連れ出勤の悩みや実態を母親目線でおおくりします。さらに、最近は前職の紹介で在宅ワークもスタート。子連れ出勤のおかげ?で娘といいペース。こちらの話もたま~に登場。

本日の子連れ出勤

すっかり安定して出勤ができるようになりました。

今日の出勤キッズは娘(2歳半)、女の子(1歳後半)。

 

子供同士で遊ぶこと

子連れ出勤を始めた頃、”子供同士で遊んでてくれればいいね~”なんてのんきに話したこともあったのですが、子供同士というのは大人が思うより複雑で(ある意味単純かもしれないけど)そううまく遊べるわけではないと学んだのは子連れ出勤を始めてから。

 

性別というよりも、性格、年齢、発達、気分、時間帯、などによって遊べたり遊べなかったり。

今日は午前中に15分ほど二人で追いかけ合って遊んでいましたが、その後はどうも上手く噛み合わず。

それでも15分でも二人で追いかけ合ってくれたのは大きな進歩。1分でも2分でも長く遊べるようになれば一番いいのだけど。

 

叱ること

午前中も終わりに差し掛かったころ、娘がもう一人の出勤キッズにしつこく絡んだり物を取ったりしていたようで(見ていないけどどうやらそんな雰囲気だった)、その子もママも困っていたので、娘を引き剥がしに行きました。

 

そういう行動は娘にとっても何か理由(やりたいこと)があったりするのですが、2歳も過ぎたいまここでちゃんと教えなくてどうする、というのと、家庭ではガツンと叱っていることを会社でやらないということは、娘を混乱させるだけだよね、ということで会社のすみっこで向い合って叱りタイム。

 

娘は最近、私に怒られる予感がすると大好きなスタッフさんの名前を呼んで助けを求めるという知恵がついていて、これは驚くほどの成長なんだけど、

放おって置くと今後の親子の信頼関係がゆるぎ、全ての生地がうまく回らなくなるような危機感を覚えていたりもして。

 

とにかく今日はしっかり叱ることが出来てよかった。

 

だいたい娘が意地になっていうことが聞けないときって、本人も多少混乱しているというか、眠かったりして感情が不安定になっていることが殆どなので、向い合って静かに語りかけると割合いうことを聞いてくれるのです。

 

娘のこういう部分には本当に助けられていると感じます。

 

そんな娘の姿を受けて、最近叱ったあとは、”ありがとう”と”一緒に頑張ろうね”と言うようになりました。

 

ほんと、一番頑張らないといけないのは、わたし。

 

■本日の流れ

07:30 起床

09:00~出発 バス(30~40分)

10:00~出社

10:30~音絵本で遊んだり、YouTube視聴

12:00~お友達に絡む、物を取った、ので叱る

13:00~近所の児童館で遊ぶ。 午前中にパンを食べていたのでオニギリ半分

14:00~午後の勤務開始。

14:30~お昼寝。おんぶ

16:00~起床。youtubeを見ながらオヤツ

17:30~残業1時間半で帰社 バス内で昼食の残り(オニギリとパン完食)

19:00~スーパーで買い物後帰宅 夕飯調理開始

19:20~入浴

20:00~夕食 ブロッコリーをバリバリ食べる

22:00~ネンネ

 

f:id:mck47:20150311215042j:plain
写真は最近流行っている?!まゆ毛をつなげるメイク。
娘が、大好きなスタッフさんに『マユ毛オネガーイ』とメイクをせがんでます。

Sow Experience