1歳からの子連れ出勤

娘1歳8ヶ月のころ、友人の紹介で都内の会社にアルバイトとして『子連れ出勤』スタート。イヤイヤ期を迎える娘と勤務から半年を迎えられたことを機にブログスタート。子連れ出勤の悩みや実態を母親目線でおおくりします。さらに、最近は前職の紹介で在宅ワークもスタート。子連れ出勤のおかげ?で娘といいペース。こちらの話もたま~に登場。

会社に新しい赤ちゃんが来た!初めての子連れ出勤ママと赤ちゃんとの出会い

今日から子連れ出勤をスタートする方が新たにジョイン。

 

お子さんは、ま・さ・に赤ちゃんという月齢の8ヶ月…!

 

…か、かわいい…

ただただかわいい…

 

同僚さんたちと最近赤ちゃん足りてないねーと話していたので、同僚一同待ってましたという雰囲気。

 

でもお母さん、赤ちゃんは初めてのオフィス、初めましてのスタッフ、初めての子連れ出勤。

一通りの説明は担当の方がされているので、近くで働く私はどんなことに気をつけて初日のママさん赤ちゃんを迎えたのか徒然ます。

 

■個人的に自己紹介する&個人的に自己紹介してもらう

→個人的にコミュニケーション取っておいた方が困ったときに声かけてもらいやすい気がする

 

■ママさんがお世話しやすい雰囲気を醸す

→子供は待ってくれないし、子供の機嫌や生活のペースを出来るだけ乱さないことは、子連れ出勤というイレギュラーな働き方を始めるにあたってとても大切だと思うから。

→ママさんにも安心して(気負わずに)仕事の手を止めてもらいたいから。

→お昼ご飯の後「お散歩に行ってもいいですよ」じゃなくて「お散歩に行くママさんたち多いですよ」と言う

 

■スタッフが子連れ出勤に慣れてることを醸す

→お世話で席を外すことや、ちょっとぐずったくらいならだれも気にしないことに早く慣れてもらいたい

(私も含め、子連れで外出すると子供の発する音全てに敏感になりがちで、これは結構なストレスだ)

 

具体的に今日何をしたかといえば、

・個人的な自己紹介

・赤ちゃんが泣いたときにおもちゃを持って行ったこと

・時折様子を気にかけていたこと

くらい。特別なにしたということもないのですが。

 

そんな感じの初日です。

 

子連れ通勤だけでも一苦労だし、子連れ出勤のスタート時期は何かと大変なものだし、

そんなスタート時期が少しでもスムーズに過ごせたら。

 

▼初めましてのお子さんはのせられないので、我が子の8ヶ月の頃。

f:id:mck47:20170117001944j:image

 

▼まだまだ2時間ごとに起きたりして私はお風呂にもなかなか入れず、人生の中でも暗黒期だと言える時期。

赤ちゃんかわいいだけじゃすまされない、8ヶ月の子供を育てている頃って大体そんな頃。

毎朝同じ時間に起きて出勤するだけでも大変だってことを、私は知っている。

f:id:mck47:20170117002119j:image