1歳からの子連れ出勤

娘1歳8ヶ月のころ、友人の紹介で都内の会社にアルバイトとして『子連れ出勤』スタート。イヤイヤ期を迎える娘と勤務から半年を迎えられたことを機にブログスタート。子連れ出勤の悩みや実態を母親目線でおおくりします。さらに、最近は前職の紹介で在宅ワークもスタート。子連れ出勤のおかげ?で娘といいペース。こちらの話もたま~に登場。

本日の子連れ出勤 ふだんの社内のようす

さてさて。これが普段の子連れ出勤の様子です。

(おこられそうだけど)母親だけでなく、周囲のスタッフさんたちが、どんなふうに協力してくださっているか、少しでも伝わったらいいな、と思います(*^_^*)

 

■本日の流れ(7/30

07:00 起床

09:30~自転車にて出勤

10:10~勤務開始

12:10~お昼休み 児童館

13:15~午後の勤務開始

14:30~お昼寝 置くのに失敗し、20分くらいでおこしてしまう

15:00~他のスタッフさん2名が、娘と外へお散歩に出てくれる

16:00~退社

16:30~娘、帰宅途中で寝てしまった。。。

18:00~夕飯

18:30~お風呂

21:00~娘、踊りまくって汗だくのため、もう一度風呂へ

23:00~就寝

 

今朝は遅刻確定で出発したにも関わらず、通勤途中に娘と川でカモとカメ探し。+5分程度はこのせいで遅刻が増されておりましたm(_ _)m

f:id:mck47:20150731011528j:image

 

出勤すると、娘の大好きなあずちゃんが、さっそく娘の相手をしてくれる。

写真は、娘の子連れ出勤トモダチの女の子(2歳)に、電話を掛けているところ。思いがけず饒舌にしゃべる2歳児に、あずちゃんはじめ、周囲の大人を萌えさしている。

f:id:mck47:20150731011539j:image

本人は、電話をとる大人の姿になりきっている。「かしこまりました」「はい」「失礼いたします」という単語がお気入りのよう。 

あずちゃん、わらいころげる。

 

その後、こずちゃんが遊びに来てくれた。先日、こずちゃんと手を繋いでジュースを買いに行ってからというもの、こずちゃんへの気持ちはうなぎのぼり。

写真は、娘が自分のお気に入りのワンピースを無理やり着せようとしているところ。

f:id:mck47:20150731011641j:image 

ちなみに、奥に見える柵からこっちが子供エリア。柵の向こうに行く場合は誰かが付き添う感じ。

 

そんなことをしているとあっという間にお昼休み。

昼休みはたっぷりと遊んで欲しいので、娘に「公園 or 児童館 ?」と聞くようにしているのですが、ここのところは暑すぎるので誘導尋問で児童館になっています。

写真は別日のものですが、いつもだいたいこんな感じ。この児童館には、もう1年通っているので、親子ともども先生たちと仲良し。

f:id:mck47:20150731011859j:image

近所の保育園・幼稚園事情について実情を相談することもあったりして、本当に助かっている。子連れ出勤の嬉しい副産物。

 

午後はyoutubeで映画を見たり、お気に入りの音楽を流してハセちゃんと踊ったりしていたが、じっと座っていられるのはせいぜい15分ほど。

飽きるとこのように、じりじり寄ってくる。そして追いかけっこをしたりして、ちょこちょこと娘の相手をしました。

f:id:mck47:20150731011923j:image

f:id:mck47:20150731011929j:image

f:id:mck47:20150731011934j:image

 

眠そうにぐずり始めたのでおんぶでお昼寝。寝たと思って置こうとしたら起きてしまった←これが一番こまるパターン。やはりエルゴで寝かしたあとに置くのはリスキーか。。。

 

と、いうことで午後は少々不機嫌だったのですが、ぐっちょんさんとましゅーさんやきくちゃんが膝に乗せて、お馬さんの動画などを見せてくれる。

f:id:mck47:20150731011948j:image

少し環境が変わるだけで、娘の気分転換になり、気持ちがおさまるようだ。

 

さらに、私が帰り支度をしているあいだグズった娘を、側に居たむきむきさんが、あやしてくれていました。ゾウさんをウマに見立てて「パカッパカッ」と言って、娘を笑わせてくれていました。

 

ずっと誰かが娘の相手をしてくれているわけではなく、

それぞれの方に、それぞれのタイミングで、できることをしてもらっている、と感じています。

 

この、娘とみなさんの関係は、子連れ出勤をして一番よかったことなのではないかな、と感じています。

待機児童である娘は、本来であれば幼稚園が始まる3歳まで、こんなにたくさんの人と親密に係ることはなかったと思います。

 

ちなみに、帰宅した娘は、「かいしゃ すき、かいしゃ すき」と連呼。証拠は動画で確保。

 

もちろんこの関係は、はじめからあったものではありませんでした。お互いのことを知ってゆくなかで、自然とうまれてきた関係・雰囲気だと感じています。

 

と、いうことで、いつものようすでした。ちゃんちゃん。

Sow Experience